webコンテンツを徹底強化!WordPressサイト制作とプラグイン&テーマ情報・メンテ/エラー対応から、PHP/CSS/javascript、動画・音・イラスト等制作まで扱うコラム
マルチメディアコンテンツ制作読んどけ☆コラム

【METAタグで新サイトに転送】meta http-equiv="refresh"で転送・WPサイトでの活用・301リダイレクトとの使い分けとは?

      2021/02/23

【METAタグで新サイトに転送】meta http-equiv=

今回は、管理人がネットサーフィンしていて見つけた、サイトの転送&活用テクをご紹介します。 『meta http-equiv="refresh"』という、(チェックする前に飛ばされる)あまり見かける頻度が多くないタグですが、『効果・活用法(ただしやりすぎ厳禁)・他の類似するものとの使い分け』などを確認していきます。

メタタグ『meta http-equiv="refresh"』とはどのような効果?書き方や使い方は?

HTMLメタタグの一種で、サイトの<head></head>内に記載します。 『<meta http-equiv="refresh" content="○○;URL=○○○" />』のように書き、効果は『サイトに訪れたユーザーを、指定したURLに、指定した秒数で飛ばすことができる』というものです。contentの引用符""の中に秒数(数字)と、移動先のサイトURLを書く部分があります。

URLリダイレクトの一種で、活用方法としては『サイト移転・ドメイン取得・https化などでURLが変わったとき、新しいURLに飛ばす』みたいなときに使うのが一般的です。

たとえば、管理人が昔つかっていたぶろぐ『https://mikastellamusica.blog.fc2.com』から、このサイト『https://sounds-stella.jp/music-creation/』に2秒で転送させたいとしましょう。昔のぶろぐの<head></head>内に 『<meta http-equiv="refresh" content="2;URL=https://sounds-stella.jp/music-creation/" />』 と書きます。

ただし、実際には・・・ この系統のタグが禁止されてるので書けなかったんですけどね(笑)

(悪用・多用厳禁)WordPressサイトでの活用~外部ブログサービスの足跡機能を使い、meta refreshでWordPressサイトに飛ばす

WordPressサイトの欠点は、他のブログサービスと違ってコミュニティ機能がないので『立ち上げ段階でのアクセスが弱い』という点です。 しかし、管理人の外部ブログサービス(fc2.livedoorなど)にアクセスしていった、とある方(サイト名は出しません)が、meta refreshと足跡機能を組み合わせてWordPressサイトでのアクセス稼ぎをしていたという点もご紹介します。

どういう事例かというと、まずfc2.livedoorなどのブログサービスで、足跡をつけて行きます 『何だこの変なタイトルのぶろぐ』って気になって見に行くと、0秒のmeta refreshで、WordPressサイトのほうに飛ばされます。検索エンジン評価を分散させないように『<meta name="robots" content="noindex,nofollow">』をぶろぐサービス側につけておくなど、なかなか用意周到な方のようでした。

なお、しつこく足跡つけまくると嫌われて見てもらえなくなるので、ほどほどにしておきましょう。

.htaccessファイルを使った301リダイレクトとは違うの?

サーバーアップロードタイプのぶろぐや、htmlでサイト組んでる方は、サーバーに.htaccessファイルをのっけてリダイレクトすることが多いと思います。管理人は『アドレスがhttpsに変わる場合』、こんな風に書いて301リダイレクトを行いました。 RewriteCondが指定する『httpsがオフ(httpでアクセスされた場合)』という条件のとき、『httpsがついたアドレスに301リダイレクトで飛ばす』というRewriteRule処理が行われます。

こちらのほうが、サイトのurlが変更になったことを検索エンジンがチェックできるので、検索順位などを引き継げる分有利・推奨とされています。 一方meta refreshだけでは、検索順位などのデータを引き継げないので不十分です。

とはいえ、.htaccessファイルを使った301リダイレクトは『Apacheのmod_rewriteモジュール利用可能なサーバー』じゃないとできません。外部ブログサービスでは、.htaccessファイルを置けないところもあります。そういうときの移転時の対策として『meta refreshによるリダイレクト』を押さえておきましょう。

あとがき・まとめ

  • head内にmeta http-equiv="refresh" content="○○;URL=○○○"みたいに書いて、アクセスを転送できる
  • ブログサービスの足跡機能を使い、meta refreshでWordPressサイトに飛ばす事例もあるが、しつこい足跡つけ行為は厳禁
  • meta refreshリダイレクトだけでは、検索順位データなどを引き継げないので、301リダイレクト推奨
  • .htaccessファイルを置けないけど移転したい場合にはmeta refreshリダイレクトが有効

まとめるとこんな感じでしょうか。ネットの偉い人は『301リダイレクト推奨だ~』とよく言いますが、すべての状況で.htaccessファイルをおいて301リダイレクトがかけられるわけではありません。そういう状況下でのサイト移転などのときに、meta refreshリダイレクトが使える点も押さえていただければと思います。


【カテゴリ】 - お役立ちツール・SNS etc
【タグ】 -

  関連記事

広告なしYouTube Premium(月額1,180円・将来音楽配信と統合)は高い?他動画・音楽サイト比較と、無料版のうざい広告への対処

今回は、動画のyoutubeが、広告なし有料動画プランと、音楽配 ...

【サイトスマホ対応】fc2ぶろぐで、スマホ表示時の検索タグって使えないの?回答→レスポンシブを使えばokです。

今回は、fc2ぶろぐの検索タグを、スマホ向けで使える簡単な方法を ...

インスタグラム乗っ取りが発生したときは、通知メールからパス変更・メルアドを戻す・二段認証する

今回は、管理人の運用しているインスタグラムアカウントで、内容を書 ...

soundcloudのいいね機能を使って、自分のお好みの作業用BGMプレイリストを作る

今回は、管理人がプログラムとかCSSコード書いてるときに、作業用 ...

【無料プラン有】カンタン予約フォームが作れる『RESERVA』を使ってみる

今回は、導入しようとすると結構大変な『予約フォーム』を、サクっと ...

無料でもこんなに使える!オンラインストレージ(ネットにファイル保存)いろいろ

今回は、覚えておくとファイル保存時に便利な『無料でも結構使えるオ ...

pinterest(ピンタレスト)をwebサイトに埋め込んで、インスタ画像ウィジェットみたいに使う方法

今回は、管理人も利用している画像共有ツールpinterest(ピ ...