【音楽サービス・バンド向け】元バンドマンのweb開発者が、WordPressテーマ『Rock Star』をレビュー

      2021/02/25   2501文字

【音楽サービス・バンド向け】元バンドマンのweb開発者が、WordPressテーマ『Rock Star』をレビュー

今回は、ネーミング的に音楽サービス・バンドなどに使えそうなWordPressテーマを発見したので、使ってみます。
管理人はかつてバンドをやっていて(担当ピアノ)、アレンジ曲販売や曲素材サイトなどの音楽webサービス・音楽スクールwebサイトなども行っていたので、気になっていたテーマです。さっそく、雰囲気やカスタマイザーなどの機能も見ていきましょう。

WordPressテーマ『Rock Star』ってどんなテーマ?


紹介画像を見た感じ、ギターを持った人がメインビジュアルに取り入れられていて、バンドや音楽サービス向けな気がします(公式でも、楽曲やイベントをプロモーションしたいバンドや音楽アーティスト向けというコメントがあります。)。

そのほか、ヘッダーの大きい画像をつかったスライダー(プラグインなしでもok)や、ロックテイストのフルスクリーン背景イメージ・ソーシャルメディアアイコン標準装備・ページごとレイアウト変動、という特徴があります。

『Rock Star』テーマ使い方・カスタマイズ方法

ここでは、WordPressの管理画面やカスタマイザーでできる、設定方法を紹介します。html&cssを押さえていなくても設定できるポイントは多いので、ぜひチェックしてみてください。

フロントページを固定ページにするか?記事一覧にするか?


WordPressの基本的な機能です。固定ページをフロントページにした場合のデフォルト表示は2カラム(2列)でした。


記事一覧ページのときは、3列レイアウトになります。なお、あとからレイアウトの変更することもできます。

ロックンロールな感じの、大きいヘッダー画像表示


どうやら、デフォルトで入っている素材・背景などのデザインがロックテイストなので、ミュージシャン向けっぽい感じになっているようです。このロックな画像を表示させたいときは、カスタマイザー『ヘッダー画像』から設定できます(フロントページだけ表示なども可能)。もちろん画像を自分で新しくアップして、好きなデザインにすることもできます

勿論、『クラシック音楽っぽい感じにしたいから、宮殿っぽい画像にする』のもありです。ロックスターって感じじゃなくなるけど(笑)

レイアウト設定で、1列/サイドバー付き2列を切り替える


『レイアウト設定』という項目では『サイドバー無し1列』『左サイドバー2列』『右サイドバー2列』を切り替えられます。デフォルトレイアウトと、個別投稿ページで、別々に設定できます(例えば、フロントページはサイドバーなし・下層の投稿ページはサイドバーあり、みたいに)。

プラグインがなくても、ヒーローヘッダーみたいなスライダー利用ok!


Rock Starテーマには、プラグインがなくてもスライダーを実装することができました。それがこの『おすすめスライダー』。フロントページ利用/全ページ利用設定や、遷移時間なども調整可能でした。スライダー種類が『デモ』だと、デフォルトで入っているギター弾いている人の画像がでます。『ページ』にすれば、アイキャッチで好きな画像を使えます。


中央ボタンのリンク移動先は基本的に『固定ページ』に設定されているようです(おすすめページ)。

ぱんくずリストが大きくて見やすい


カスタマイザーのテーマ設定という項目の中に『ぱんくずリスト設定』があります。この機能をオンにするとぱんくずリストが利用できました。矢印みたいなデザインでお洒落&大きくて見やすいのがポイントです。

そのほかできそうなこと→3列を好きなところで使えるよう、cssのクラスをおさえておく


htmlソースを見てみると、3列レイアウトになる部分にCSSクラス指定がされていました。通常では3列とかの部分には、抜粋表示しか書いていないけど、自分でこういうのを使えると、『抜粋だけではなく、すきなことを書ける』というメリットがあります。音楽サービス・バンド向けなら、トップページにオーディオデータ埋め込んだりできると、リスナーにすぐ届きやすいでしょう。

ただし・・・

CSSがそのままだと、スマホなどのとき3列は、少し狭いかもしれません。Media Queries(メディアクエリ)で切り替えてもokです(CSSエディットが必要になります)。

なお、これをやるときはbootstrapやMaterializeが導入されているテーマの方が簡単です。なぜならクラス名が決まっているからです(col md4とか)

『Rock Star』テーマまとめ

  • 音楽サービス・バンド向けなのは、デフォルトのヘッダーや背景がロックだから(変更可能)
  • プラグイン無しのスライダーや、ぱんくず・ページごとレイアウトは便利
  • 特に、全体を覆うようなヘッダー画像はかっこいい
  • 3列がスマホで狭いときは、CSSのメディアクエリなどを使う

Rock Starテーマについてまとめると、こんなところだと思います。音楽サービス・バンド向けとはいえ、特にデフォルト画像・背景が非常にロックテイストが強いので、バンドではなく『ネット音楽サービス・初心者向け音楽教室・アコースティック音楽ユニット・ライブレストラン(jazz系など)』は、画像などのデザイン変更が必要になってきそうです

エディットしないでそのまま使うのであれば、バンドやライブハウスなどのwebサイトには向いています。


【カテゴリ】 - wordpressテーマ情報
【タグ】 -

  関連記事

【WordPress】150×150.jpgのような画像生成停止方法・すでに出来ている場合の対処
【wordpressカスタマイズ】llorix_oneなどビジネストップ1カラムテーマで、カスタマイザーで入らない動画・オーディオを入れる
ワードプレスの子テーマって、なぜ必要なの?
ビジネスおススメテンプレート(WPテーマ)~シャープな落ち着いたデザイン&豊富なカスタマイズ機能の『PERTH』
wordpressをインスタ風クールな写真サイトできるテーマ・For the future使ってみた
Twenty Twenty-Oneの表示のしかた・速度・機能・カスタマイズ方法などを徹底チェック【WordPress5.6テーマ】
【おすすめWordPressテーマ】Maxwell~シンプル・洗練されたブログメディア向きテーマ・スライダーやレイアウト変更も簡単
ビジネス・会社サイト向けテンプレート(WPテーマ)Wallstreet~カスタマイズ項目豊富・くるくるウィジェット・子テーマなど
【企業コーポレートサイト向けwpテーマ】Llorix One Liteが会社サイトに使える、4つの理由
【WordPress2019公式テーマ】Twenty Nineteenってどう?→文字デカすぎ&PCも1カラムは難点・ブロックエディタとの親和性はok
【WordPress】コーポレート&ブログ併設向きの、固定ページ1カラム・投稿2カラムレイアウトを切り替えるテーマ
【お洒落1ページ型無料WPテーマ】onepressを使ってみてレビュー・特徴やカスタマイズ時のポイント