【WPテーマ】カフェ・サロンなどにも合いそうなシンプルスタイリッシュ系stride lite

      2021/02/16   1889文字

今回は、ワードプレスの無料テーマで、業種的にはカフェやサロンなどにあいそうなテーマを見つけたので、使ってみたいと思います。

名前的には軽そうな感じがします。テーマ公式の説明を訳して特長をつかんでみたり、実際にこのテーマで表示例を確認してみたりしたいと思います。

stride liteって、どんなWPテーマ?

まずは、テーマの公式ページで、説明をみて訳してみましょう。

『(公式ページより引用)Theme Description
Stride lite is a clean, modern and fully responsive WordPress Personal Blog theme built using Bootstrap 3 which makes it optimized for tablets and mobile.』

適当に訳すと、『Stride liteは、きれいめモダンな、完全レスポンシブのワードプレス個人向けブログテーマ。bootstrap3(CSSのフレームワーク)で構築されているから、タブレットやモバイルの端末にも最適化されてるよ』とのことです。

■ライセンス: GNU General Public License v2 or later
■Theme URL(テーマ公式ページ): https://wp-themes.com/stride-lite

サイトをStride liteで表示してみた例や特長

サイト表示してみた例

このサイト(よんどけコラム)に、普段使っている『昔のstinger改造版』ではなく、『Stride lite』で表示してみました。IT系の話題に合うかは微妙ですが、もともとのテーマが落ち着いてスタイリッシュなので、あまり改造しなくても良さそうです。カフェとかサロンには良さそう。

ポイントは『サムネ写真横幅をそろえるか中央配置』『サイトタイトルは大きい文字ではなく、ロゴのほうがベター』『メニューの数は増やしすぎない』といったところでしょうか。

ボックスを並べるグリッドレイアウトがやりやすい

CSSの中に、bootstrapがありました。bootstrapベースということもあり、colクラスなどを使ったボックス配置・レイアウト変更などが(クセを覚えていれば)やりやすい印象がありました。

このサイトの過去記事『bootstrapのcolクラスをとphp関数を使って、3列レイアウトとブログ2カラムを切り替える』も読んでみてください。
『bootstrapのcolクラスをとphp関数を使って、3列レイアウトとブログ2カラムを切り替える』

ページ表示速度は?

liteって書いてあったから、表示動作も軽いかと思って、pagespeed insightで表示速度を調査してみました。結果は『sp:64/pc:70』です。軽量化チューニングしたものにはかなわないけど、デフォルト状態としては、そこそこ良い感じだと思います(中にはsp:40みたいなテーマもあるので)。

あとがき・まとめ

そこまで有名なテーマではなかったけど、落ち着いていて上品な感じにできるテーマでした。構成ファイルもシンプルめだったので、改造・チューニングもやりやすそうです。bootstrapに慣れている方なら、レイアウト変更などもサクッとできるかと思います。

カフェ・サロン向けWPテーマ・関連おすすめ記事

【WPプラグイン】月額無料でレストラン・カフェなど飲食店の予約に使える『Restaurant Reservations』
https://sounds-stella.jp/music-creation/archives/5161

【無料プラン有】カンタン予約フォームが作れる『RESERVA』を使ってみる
https://sounds-stella.jp/music-creation/archives/5110

googleカレンダーとメールフォームで、予約受付ってできるの?iframeレスポンシブに気をつけて
https://sounds-stella.jp/music-creation/archives/4666

*予約機能などについても読んでみてください。


【カテゴリ】 - 飲食店サイト制作
【タグ】 -

  関連記事