キテレツ大百科「はじめてのチュウ」みたいな声にするボーカル加工【生歌・ボカロの2パターン】

      2019/06/02   2189文字

今回は、有名なまんが・アニソンにあった歌パートみたいなのができないか、実験してみます。

えんぴつ絵は8分で管理人が描きました。塗りはレイヤー薄いものにぼかしペンだけです。印象的なボーカル加工で覚えている方も多いこの楽曲ですが、それっぽくなるかどうか、生歌&ボカロを利用してやってみます。

■お題楽曲について

キテレツ大百科 OP 「はじめてのチュウ」

管理人も子供のときみていた、有名なまんがです。この作品のテーマソングに使われていたので、聴いたことがある方も多いでしょう。歌が特殊な加工をしてあって、当時は非常に印象的でした。ボイスチェンジャーだけではなく、高速再生で上げたピッチやキーを、もとのBPMやキーにあわせたような感じもあります。今回は、こういった感じのボーカルに加工できないか実験します。

■はじめてのチュウみたいなボーカル加工・waves&生歌

■もとの状態

今回のボーカル加工実験用にトラックを作りました。リズムはシンプルです。コーラス&メイン歌が分かれて入っており、メイン歌の部分を変えてみます。なお、歌は管理人の歌聴きたい人はいないと思うので、ukのAivaさんという方が配布している歌パッチをお借りしました(リンクは後半に)

■wavesのピッチ加工プラグイン『ultrapitch』で、フォルマントを変える

ここで、多目的プラグイン登場。オーディオデータの音程を変更できる『waves・ultrapitch』が登場します。これは音程だけでなく、フォルマントも変えられるすぐれもの。試しに少しマイナス方向に動かしてみたら、ちょっとシブい声になりました。

■ultrapitchのフォルマントを、プラス方向最大まで上げると?

上記のプラグインで、フォルマントをプラス方向に上げていきます。上げていくとだんだん子供っぽい声になってきます。全開まで上げてみたのがオーディオデータです。歌い手の声質・加工のプロセスの違いなどもあるので、完全に同じにはならないんですけど、雰囲気は出たのではないでしょうか?

■ボカロの場合~GEN(ジェンダーファクター)を使ってみる

外部エフェクターを使っても良かったのですが、ボカロにはデフォルトで、フォルマント変更に近いパラメーターがありました。それがGEN(ジェンダーファクター)。直訳すると男性声・女性声要素というところでしょうか。
これを(高い値にすると、渋い声になる)低い値にしてみたところです。だいたい15近辺。
管理人は見ていませんが、ジェンダーファクター調声を使って、ボカロではじめてのチュウを歌わせている方は、きっとどこかの動画サイトにいると思います。

■歌パッチを提供している方について

ukの、soundcloudなどで活動されている歌い手aivaさんという方のパッチをお借りしました。
https://soundcloud.com/aivasound

facebookページで、ボーカル素材パッチの無償配布を行っています。メッセージの中に『This vocal pack has been provided for free but we do ask that you mention Aiva when using these samples.』
とあるので、これが規約というかお願い(do ask)かと思います。非常にダンストラックには合いそうなボーカルですので、お勧めです。
https://www.facebook.com/Aivafanpage

今回のようなちょっと変わった声のボーカルトラックは、たまに出ると印象的ですので、ぜひ皆さんもやってみていただけたらと思います(ツールがない場合は、フリーウェアオーディオツールで、フォルマント変更などがあるものを試してみても良いでしょう)。

ネットで曲アレンジ/作曲サービス|アトリエSS仙台


【カテゴリ】 - 音楽制作
【タグ】 -

  関連記事