youtube動画宣伝(アドワーズとリンク)の費用対効果~1再生くらいのコストは?

      2021/02/16   1687文字

今回は、管理人お得意の(it事業者なので)、ネットでyoutube音楽動画・広告宣伝のお話です。

YouTubeではアドワーズとリンクして、広告費を投下し、動画を宣伝できますが、その効果や、他の活動と比べてのコスト感はどうだったのでしょうか?早速見ていきます。

アドワーズとリンクしての、youtube動画宣伝・再生回数とかかったコストは?

以前、このサイトに『アドワーズとリンクしての、youtube動画宣伝の方法』という記事

/archives/2419

を書いてみたんですが、それの続きとなります(やり方自体は、こちらを参考になさってください)。
で、実際に音楽の動画を宣伝してみました(たしかcevio & mmd & リミックスの音楽動画でした。)

宣伝のパフォーマンスはこのような形になりました。『1日に200円くらいの予算で設定し、2日間の期間』のパフォーマンスです。期間・予算は自由に設定できますので、『1再生あたりいくらくらいか』の一例となります。

この場合は『125回のアクション(動画見る)・費用407円・1再生あたり約3円のコスト』となりました。体感上では、この中の2~3割くらいが、しっかり聴いてくれます(セグメント指定しない場合、7~8割は5秒~10秒程度で離脱します)。

音楽コンテンツを届けるのに1再生あたり約3円のコストって、高いか安いか、他の活動と比べてみよう

1再生3円かかったとしても、安いか高いかピンとこない場合は、他の活動と比べてみましょう。ここでは、管理人が昔やってみた活動などと比べてみます。

例1:バンド

バンドは昔ちょっとやってました。時期によって左右しますが、ハコ側の都合で『平日の早い時間帯』に入れられると最悪です。週末なら売り切れるチケットノルマも、上記の時間帯だと苦戦し『30000ノルマ中、10枚販売で、差し引き20000かかる』というのもあります。これにライブ前のスタジオが10時間だと、さらに20000円かかります。

対バン&そのお客さん・自分のお客さん数十人』にアピールして『40000(4人で割っても10000)』はちょっと高いかなと。しかし、入場者が見込め、かつ物販が強力・ファン層も育っている場合は、バンドライブも武器になりますので、一概に悪いわけではありません。

CDRを配布しまくる

youtubeやsoundcloudができる前は、こういうことをしていました。これもややコストは高め。
CDR(30円)&ケース(50円)&定形外送料(120円)で、100人に送れば、20000円で100人の手元に残すことができます。

しかし、強力な絵師が身内にいる場合などは、ジャケ買い狙えるほか、フリー配布しても同人イベント・音楽出展イベントなどで、
ハケる可能性が非常に高くなる上、大事にとっておいてもらえることもあるます。

フリーライブ

この世には、チケットノルマなしで、機材費だけで出れるイベントがあります(探してみましょう)。
インディーズバンド&シンガー、ライブアイドルだけではなく、隠れてメジャーレーベル預かり育成の子などもまぎれています。遠征だったので『機材費4000&ガソリン代往復6000』合計10000で、『立ち止まって聴いてくれた100人』にアピールができました。
フライヤーを使う場合は、ただ渡しても貰ってくれないので、ティッシュや冬なら使い捨てカイロをつけるなど工夫しましょう。

上記の例などと比較し、どの方法が自分たちに合いそうか、予算はどれくらいつかってよいかを検討しましょう。また、広告投下する場合も『コンテンツはしっかり作りこんでおく』と、あまり引け目を感じなくてすみます


【カテゴリ】 - インターネット広告
【タグ】 -

  関連記事