【2コード】A night in Tunisia風ドミナント7半音下降でマイナーⅠに解決する進行

      2019/06/02   1134文字

今回は、昔管理人が、音楽学校の先生からジャズのボイシングを教わったときに、いいな~って思ったコード進行を紹介いたします。
201609041
画像は管理人の願望です。画像は海外のフリー素材stockphotoからお借りしました。2コードなので、ループものにもぴったりです。早速使ってみましょう

ドミナント7半音下降って理論的には?有名曲とかでは使われてるの?

メジャーな使用されてる曲は『A Night in Tunisia』ジャズ系の曲です

201609042

冒頭の説明でいった2コードは、『A Night in Tunisia(デイジー・ガレスピー)』に使われています。
それをループしつつ、別セクションに入るまえに、マイナーツーファイブでアクセントを。

ドミナント7半音下降トニックへを、理論的に見てみます。

上記はDmキーですが、わかりやすくAmキーにしてみます。
201609043
トニック(Ⅰ・Am)に対して、半音上からドミナント7コード(B♭7)が降りてきます。キーがまったく関係ないかと思いきや、Amキーのドミナント7『E7』と、3度・7度がカブるので、わりとスムーズです。ガイドトーンが同じとか、いろんなキーワードで調べてみましょう。

いつもの、管理人がやってみたシリーズ

どれだけ需要があるかわかんないんですが、またもやこの和音進行使用例を作ります。あえてジャズじゃない感じが参考になるかと。

ultraとかでかける人いるかな?future houseスタイル

コードがどうこうっていうより、うまくリフを作れればハマりそうです。

定番のインディRockバンドスタイル

コードの雰囲気的に、イントロ・aメロセクションなどでこの進行をループしてもよいかもしれません。

気に入ったら、和音進行ループするセクション、イントロリフなど、いろんな用途で使ってみてください。

ネットで曲アレンジ/作曲サービス|アトリエSS仙台


【カテゴリ】 - コード,メロディなど音楽理論
【タグ】 -

  関連記事