キーによる雰囲気の違い・音の高さ/低さ以外に、特有の雰囲気みたいなのってあるの?

      2021/06/22   379文字

201607061

今回は、管理人が楽曲を作ったんだけど、いまいち使い道がわからんかったので、またもや音楽理論コラムの題材にしました。画像はボケ不能でした。とりあえず、12キーでオーディオに焼いてみて、『雰囲気/キーによる雰囲気の違い』などをチェックします。さっそく見ていきましょう。

キーによる雰囲気の違い調査につかう楽曲紹介

以前、この読んどけ☆コラムで書いた『トロピカル・ハウスをパンパイプリードなどを取り入れて作ってみるよ』
http://sounds-stella.jp/music-creation/archives/843
で作った楽曲の一部分を使用し、12キーにトランスポーズをかけて、キー雰囲気検討の題材にしました。使いまわしも重要になる場合があります。

いろんなキーに移調して雰囲気チェック!まずは#系のキー

12キー全部での響きをチェックします。

移調するなかで『リードが高すぎる』や『ベースが低すぎる』が発生した場合は、そこをオクターブ移動。
コード進行的にⅥに最後解決してるので、並行調マイナーも表記しました。

Cキー・並行調Aマイナー


Gキー・並行調Eマイナー


Dキー・並行調Bマイナー


Aキー・並行調F#マイナー


Eキー・並行調C#マイナー


Bキー・並行調G#マイナー


F#(G♭)キー・並行調D#(E♭)マイナー

♭系のキーではどうなのか確認

とりあえずD♭からフラットキーコーナーにしました。管理人はわりとA♭キーってちょっと違う雰囲気がして好みでした。

D♭キー・並行調B♭マイナー


A♭キー・並行調Fマイナー


E♭キー・並行調Cマイナー


B♭キー・並行調Gマイナー


Fキー・並行調Dマイナー


あとがき・まとめ

人によって感じ方が違う部分もありますが、(管理人的には)ピアノの黒鍵がいっぱい入ってくるキーになると、まろやか&セツナい感じ、Fとかだとカラッとあかるい感じ、みたいに感じました。みなさんの好みのキーはありましたでしょうか?
メイン楽器や歌の音域に合わせて調整するとともに、雰囲気も加味してキーを選択してもベターです。

ネットで曲アレンジ/作曲サービス|アトリエSS仙台


【カテゴリ】 - コード,メロディなど音楽理論
【タグ】 -

  関連記事